代表取締役 三枝由則

サンテックのホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
当社は、1990年(平成2年)に廃棄物処理業者として創業いたしました。
当初は一般廃棄物の収集運搬がメインではございましたが、後に時代のニーズに伴い、産業廃棄物の運搬及び処理や一般貨物運送、各種ゴミ処理、そして今ではお客様のすそ野は拡がり、法人のお客様だけでなく、個人のお客様の家一軒丸ごとお片付けとなる遺品整理業に至るまで、ゴミ処理・不用品回収における様々な業務を行っております。
なぜ当社といいますか、私がこの業種に参入したかと申しますと、最初は特にそんなに深くは考えていなかったのですが、たまたまごみを処理してほしいという依頼が身近な人から立て続けに来たことでした。
どちらかというと、嫌な仕事でも頼まれたら断れない性格気味の私は、ゴミ処理という、あまり人に好まれる方ではないこの業務ではありましたが、いくつかこなしていく中で、「困っている人を助ける、お手伝いをする」ということに、無意識に使命を持つようになっており、ゴミ処理や不用品の回収で困っている人がいたら、もっとお役に立てる仕事をしていきたいなと考えるようになっていました。
気づけば30年以上の歳月が経ち、業容も時代に応じて改変し、今はゴミ処理を通じて社会に貢献する、つまりゴミの問題を抱えているご高齢の方や、核家族の方でごみを処理する場所や方法を知らなくて困っているとか、お亡くなりになった親族の遺品を整理したいけどどうしたらいいかわからないとか、そのような「困った」に対し、迅速に丁寧にお客様の立場に立って対応する、福祉型社会を形成するために必要な企業になること、必要な企業と言われるように日々努力をしていきたいと思います。

とはいえ、やっぱりお客様に喜んでいただけるのが一番!

「(ゴミを処理してくれて)ありがとう」という言葉を言ってもらえるかもらえないかはさておき、ごみ処理を行った後、その場所もきれいに掃除して、お客様の気持ちが晴れた、不安が消えた場所に立ち会って、ちょっとでもお客様の顔に笑みがこぼれたら、これ以上の仕事冥利はございません。

ゴミを片付けてきれいにして、ついでにお客様の心もキレイにする。

これからもゴミ処理を通じて、地域社会に貢献していきたいと思います。

これからのサンテックもどうぞよろしくお願いいたします。

サンテック 代表取締役 三枝由則


代表挨拶